修正と仕上がりイメージ

手書きのデザイン原稿を修正して仕上がりイメージを製作した例。

お客様の描いた手書きのデザインやオリジナルの画像を印刷用に修正して仕上がりイメージを製作させて頂きます。IllustratorやPhotoshopでの完全データ入稿の場合でも線の太さや余白の状況により修正する事もございます。

デザインの修正は?
正式ご注文後に行います。ご入稿いただいたオリジナルの画像や手書きデザインの線をきれいにしたり文字をフォントに置き換えたりします。修正画像をご確認後、何回でも文字の位置をずらしたり配置を移動させたりできます。
  • 写メデザインの修正メールでの写入稿
    画像の大きさにもよりますが携帯写真などで撮影した画像も修正できます。デザインを真上から撮影してください。
  • 毛筆FAX入稿の修正毛筆の修正
    手書きの筆感をだすために画像トレース、ライブトレースを使用しないで手動で細かな部分もイラストレーターにてトレースいたします。
  • 完成デザインの余白と線幅修正余白や線幅の修正
    フォトショップで製作したpsdデータや実寸の画像データでも解像度や線幅と余白の状況により修正する事があります。
  • フォントご指定入稿文字のご指定
    文字だけのデザインなどはフォントをご指定いただければ入稿原稿を参考に仕上がりイメージまで製作いたします。

修正できないデザイン

下の画像のようなデザイン修正はお客様の想像しているイメージと異なる場合が多く修正回数やトレース作業が困難であるため行っておりません。また、ホームページに使用しているロゴやイラスト、又は小さな画像はトレースや修正が出来ないことがございますのでご入稿の際は大きめの画像を添付してください。

デザインの2階調化 ハーフトーンの製作
カラー写真を2階調化
フルカラーの写真を1色で印刷するためにはカラーから白と黒だけの画像にする必要がございますが2階調化する境界のしきい値の調節やハーフトーンスクリーンの調節でお客様の想像するイメージと違うデザインになってしまう事があり、当店ではこのような修正は行っておりません。デザイン製作の時に、余白や線幅を見ながらお客様の方で白黒にしていただき、ご入稿ください。
1、デザイン大幅変更。2、フルカラーのトレース 3、文字を立体にする。4、ハーフトーンの製作
(1)デザインを大幅に変更
元のデザインからカッコよく修正してくださいとのご要望が稀にありますが、このように大幅に変更する際はお客様の方で手書き又は画像で再入稿ください。
(2)フルカラー
フルカラーのイラストが画像で入稿される事があります。当店ではトレース時間がかかるためフルカラーのイラストのトレースは行っておりません。
(3)文字の立体化
文字を立体にする作業はお客様との想像イメージと異なる場合が多く行っておりません。
(4)ハーフトーン
ハーフトーンの製作は行っておりません。お客様の方で画像の加工を行ってください。