白インクについて

インクジェットの白インクの仕組み

黒や赤などの濃色生地や淡色生地にも白を使用したい場合は白インクありの濃色生地と同じプリント料金になります。ライトピンクやライトブルーなどの淡色生地に白インクを使用しないで印刷すると生地色が影響します。ヘビーウェイトTシャツのイエロー、ライトブルー、ライトピンクに白インクありとなしで印刷して参考画像を製作しました。

  • 使用デザインイラストレーターでインクジェットデザインを製作
  • 白インクなし白インクなしでプリント
  • 白インクあり白インクなしでプリント
  • 比較イエローのTシャツで白インクありとなしの比較

上の画像のように白インクありとなしで発色が変わります。白インクなしではデザインの白部分が印刷されなく生地色になってしまいますのでデザイン製作にはお気をつけ下さい。

デザインのご注意

白インクを使用した場合、ご入稿頂いたデザインにより下記のような事が起こります。

デザインの外側にぼかし

白インク使用時のぼかし失敗例

デザインの外側にぼかしやグラデーション又は、透明度を調整したオブジェクト、解像度の低い画像を使用した際、白ベースのインクがその部分にも印刷されるためフチが付いたような仕上がりになってしまします。

白部分の消し忘れ

背景の透過失敗例

photoshopで合成処理やイラストを取り込んで選択ツールで不必要な部分を消したりする際に消し忘れがあるとその部分にも白インクを印刷してしまう為、不必要部分を消す場合にはお気をつけください。半透明に残った背景でも白印刷されてしまいます。

細い文字やデザイン

白インクがカラーインクからはみ出す

白ベース印刷はカラー印刷部分からはみ出さないように0.2mm~程、小さく印刷いたします。白ベースの上にカラーインクを印刷しないと濃色生地の場合、色がでません。細い線や文字があると白ベースを小さく出来ない為、カラー印刷部分からはみ出してしまう事があります。又、パーカーなどの厚生地には発色を良くするために2回白ベース印刷を行います。その場合も白ベース印刷が若干大きくなりはみ出す事があります。

手書きデザインについて

手書きでのデザインは別途追加料金がかかります。又、グラデーションのご指定や細かなご指定は出来ませんのでご了承下さい。

FAXでの手書き入稿

FAX入稿の際は線を太く書きFAXして下さい。カラー指定がある場合は空いたスペースに書いてください。修正やトレース作業はお客様のデザインをもとに行いますので1からデザインを製作したりイラストを足すことはできません。修正範囲はパス抜きや線を滑らかにしたり余白を空ける程度となります。手書きでのご入稿やお申し込みは一度、修正可能な画像かを確認するためにお見積もり時にメールやFAXにて添付、送信してください。

デザインの解像度

イラストレーターや解像度設定のできるフォトショップのデザインは問題ございませんが、解像度設定のできないペイントソフトなどで製作する場合、実寸サイズより大きくなくてはいけません。

実寸データ

印刷データを製作する際にご活用ください。

製作するデザイン幅の指定

  • 横幅mm
  • ×
  • 縦幅mm

解像度(dpi)の選択

必要なピクセル数は

  • 横幅px
  • ×
  • 縦幅px

プリントについて

インクジェット印刷は直接生地にインクを吹き付けてプリントするので生地により仕上がりが変わったり、モニターカラーと色が合わないなどが起こります。

濃色生地の場合
白インクを沈ませない為に下処理剤を使用しています。商品のお届け時に若干うっすらと残っている場合がございますが洗濯で落ちますのでご安心ください。
使用インクや下処理剤
エコテックス規格100製品分類I認証取得しており安心してお使い頂く事が出来ます。洗濯堅牢度は4-5級となります。
  • 白ベースのはみ出し
    白ベースを小さくしないで印刷するとカラー印刷部分より白がはみ出します。細かなデザインや文字を印刷すると起きやすくなります。
  • メッシュ部分の穴にインクが落ちる
    メッシュ素材の場合はインクが生地の網目に落ち印刷面に穴のような(印刷されてない部分)部分ができてしまいます。
  • パーカーに印刷
    パーカーのような厚生地には白印刷を2回行います。又、近くで見ると生地の側面までインクが吹き付けれていない部分も出てきます。
  • 0.5pt~3ptの線
    線の細さは0.5pt程から印刷されますが、生地表面おの起毛によりかすれる部分もあります。濃色生地は白ベース印刷があるので3pt以上あると良いかと思います。
  • ナチュラルカラーのバッグに印刷
    無漂白商品のは、綿の葉の乾いた破片や毛玉のような部分があり、印刷するとその部分は印刷されない事があります。
  • モニターカラーより淡い
    インクジェット印刷はモニターカラーよりも淡く色がでます。モニターカラーと色を完全に合わせる事はできません。