ラバー転写プリントとは

他のプリント方法とは違いシートを機械でカットしてプレス機で直接商品に熱転写するプリント方法です。チームウェアやサッカーシャツなどのスポーツウェアのように一人一人違う背番号や個人のネームをプリントする事もできます。今回はアンバーのTシャツで簡単に説明いたします。

ラバーシートをカット

ご入稿して頂いたデザインやお名前をイラストレーターでカットデザインを製作します。ご希望のラバー転写シートをカッティングプロッターでカットします。

  • ラバーシートを選ぶ
    使うラバーシートを選びます。今回はポリフレックスR-4233ジーンズベージュを使用して製作していきます。
  • カットデザイン製作
    カットする為のアウトラインデザインをイラストレーターで製作致します。
  • プロッターで輪郭カット
    カッテイングプロッターでシートをミラーカットします。
  • カット後のシート
    デザインのアウトライン部分がカットされます。

余分な部分を剥がし配置

カットされたラバーシートの余分な部分を剥がして取り残しが無いかを確認後に転写位置を決めます。

  • カス取り作業
    転写したい文字やデザイン以外の余分なシートを剥がしていきます。
  • 適切な位置にシートを配置
    転写位置を決めシートを配置します。シワが多い場合は事前にプレスします。

転写から完成まで

転写部分にシワや毛玉、糸くずが無いことを確認後にプレス機で熱転写します。

  • シート配置後にプレス
    適切な温度のプレス機で一定の秒数プレスします。
  • ペットフィルムを剥がす
    プレスが終わったらペットフィルムを剥がしていきます。
  • 仕上げプレス
    フィルムを剥がしたら仕上げに数秒プレスします。
  • 熱転写終了
    これでラバーシートによる転写プリントは終了です。

ポリエステル商品の再昇華について

当店の取り扱いラバーシートの熱転写設定温度は145℃から165℃となっておりその設定温度でプレスすると素材を染めているインクが気化(ガス化)してラバーシートを浸透して外に出ようとします。一般的にこれを「ブリード」「再昇華」と呼んでいます。赤い昇華生地のポリエステル素材にプレミアム401ホワイトを転写した場合、白いシートに赤い昇華インクが浸透してくるわけですから白いシートがピンクになってきます。再昇華はプレス後直ちに起こるのではなく数日間の内に徐々に起こります。

  • 再昇華あり
    昇華転写生地へプレミアムラバー、401ホワイト使用した場合、上の画像のように生地の色が浮き上がってきます。
  • 再昇華なし
    ブロックアウトラバー、4501ホワイトの場合、昇華転写生地でも生地の色が透けにくく安心です。